坂上忍 横浜流星のコロナ感染に「僕らだってわかんないすから、いつ何時」

[ 2020年7月22日 12:41 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)が22日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、新型コロナウイルスに感染した俳優の横浜流星(23)に対してコメントした。

 横浜は主演舞台「巌流島」(8月6日初日、東京・明治座)の稽古から帰る途中の20日夜に倦怠(けんたい)感を覚え、発熱もあったため、医療機関で受診。抗原検査とPCR検査を受け、陽性の判定が出た。

 最近の活動ぶりについては、坂上も「映画に、ドラマに、舞台に…本当の人気者だと思いますよ」と評価しており、「巌流島」についても「始まる前に検温はやるけど、この舞台がちゃんとしているなと思うのは稽古が終わった後にも検温をやってて」とそれなりの対策はとっていたと推察。

 そんな中での感染を聞き「新型コロナウイルスというのは、どれだけ気を付けていてもかかる時は、かかってしまうということなんですよね。僕らだってわかんないすから、いつ何時」とさらに気を引き締めた。

 「巌流島」の東京公演中止の決定には「大劇場の場合はキャストもめちゃめちゃ豪華になって、スタッフさんもめちゃめちゃ多くなるから。中止というのはとんでもない被害になっちゃうんだよね」と説明。

 「感染された方を責めるということをしちゃいけないというのはみなさん、共通認識になっていると思う」と断ったうえで、コロナ禍ではリスクを考えると、なかなか大規模な「公演を打てなくなってくるという空気にもなって来る。そこだと思う」と舞台界全般への影響を懸念した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース