ハライチ澤部 震えた志村さんとの初対面は「お姉ちゃんと」 アンタ柴田「言うな!」 大悟「当然」

[ 2020年7月22日 12:36 ]

ハライチの澤部佑
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハライチ」澤部佑(34)21日深夜放送のフジテレビ系「志村友達」(火曜深夜0・55)にゲスト出演し、故・志村けんさん(享年70)との初対面の思い出を語った。

 3月に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんさん(享年70)の名作コントを、ゆかりのある共演者らが振り返る番組。澤部は15年から放送された「志村の時間」にレギュラー出演し、志村さんとコントで共演した。「めちゃくちゃ怖かったですよ。本読みみたいな空間が。緊張しなかったですか?」と当時を思い返す澤部に、「千鳥」の大悟(40)も「緊張してたよ。一番最初の本読みは」とうなずいた。

 澤部が志村さんと初めて会ったのは、駆け出しのころだったという。「一番最初にお会いしたのが、中山秀征さんの舞台の手伝いをしている時に、志村さんがお姉ちゃんと舞台を見に来てて…」。志村さんのプライベートな情報まで付け加えてしまった澤部に、MCの「アンタッチャブル」柴田英嗣(45)は「言うな!」と大笑いしながらツッコミ。大悟も「当然な」と、志村さんのモテモテぶりに納得の様子だった。

 澤部は「そこにお茶を出しに行ったというのが初めてで」と明かし、「震えて、ちょっとこぼしちゃったんですよ。」と緊張しまくった初対面を懐かしそうに振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース