蝶野正洋ものまね芸人・蛾野正洋 新型コロナ感染「どこで感染したのか、全く分からないのが怖い」

[ 2020年7月22日 09:51 ]

 西口プロレスにも所属する、プロレスラー蝶野正洋(56)のものまね芸人・蛾野正洋(がのまさひろ=33)が21日、新型コロナウイルスに感染していることを所属事務所が発表した。

 蛾野は19日に発熱症状が見られ、医療機関にて抗原検査、PCR検査を受けたところ、21日に保健所からの連絡により抗原検査陽性の結果を受け、新型コロナウィルスに感染していると診断された。蛾野はすでに入院・治療に入っている。

 公式サイトでは「現在、当人は保健所の指導に従い入院・治療を行っており、引き続き、医療機関・行政機関の指導に従い回復に努めてまいります」と報告。厚生労働省が定める濃厚接触が疑われる関係各所にはすでに連絡を済ませているといい、「弊社におきましては、医療機関・行政機関の指導のもと、新型コロナウィルス感染予防と拡大防止に努めてまいります。この度は関係者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けしていることを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 蛾野も自身のツイッターでコメントを発表。「私、蛾野正洋は新型コロナウイルスに感染、陽性と診断されました。症状は一般に言う軽い方なんですが、それでもつらい時はつらいです」と状態を明かし、「加えて、ここ数日あった方で『濃厚接触者の定義に該当する人物』はおりませんでした」とし、「どこで感染したのか、全く分からないのが怖いですが、ご覧の皆さまとにかくご注意下さい。皆様には、大変ご迷惑おかけいたします」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース