仲里依紗「いろいろ辛いことがあったけど」周囲やファンの言葉に感謝 「エール」4カ月ぶり復帰報告

[ 2020年7月22日 08:20 ]

女優の仲里依紗
Photo By スポニチ

 女優の仲里依紗(30)が21日、自身のインスタグラムを更新。NHK連続テレビ小説「エール」の撮影に4カ月ぶりに参加したことを報告した。

 仲は「今日は4か月ぶりにエールの撮影でした」と現場に復帰したことを報告。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断された同作の撮影は6月16日から再開していたが、仲は4カ月ぶりの参加となったようだ。

 「YouTubeみてたよーってみんなに言ってもらえて恥ずかしかったけど嬉しかったな」と現場で話題の自身のYoutubeについて声をかけられたことを明かし、「私のへなちょこ編集YouTubeだけど、こうやって誰かをちょびっとでも笑顔にさせることができてたんだ!と思うと本当にやってよかったなと思うし私も嬉しくて笑顔になれる」とつづった。

 「いろいろ辛いことがあったけど、私のYouTubeみて笑って元気がでましたって言うSNSのコメントをみたりすると、私もなんだか救われるよ ありがとう みーんなが笑顔になりますように」と朝顔の写真を添え、締めくくった。

 仲は18日に急逝した三浦春馬さん(享年30歳)と同じアミューズ所属。同年代で、CMでも共演しており、親交が深かった。訃報後初の投稿となったが、投稿で三浦さんについて直接触れることはなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース