舘ひろし、自身の去就は「渡次第」 石原プロの幕引きには「一言では言えない」

[ 2020年7月22日 05:30 ]

新CM発表会に出席した舘ひろし
Photo By スポニチ

 俳優の舘ひろし(70)が21日、都内で行われた「マイナポイント事業」の新CM発表会に出席した。所属する石原プロモーションが、来年1月16日をもって芸能業務を終了することを発表して以降、初の公の場。「もちろん寂しいし、一つのけじめをつけられたという気持ちもある。一言では言えないね」と胸の内を明かした。

 自身の去就は、渡哲也(78)に一任。「石原さん、小林専務(正彦、故人)もそうだが、渡がいたからこそ今の僕がある。どうするかは渡次第なので、ゆっくり話し合っていきたい」とした。

 CMでは、人生初の着ぐるみに挑戦。マイナポイントのマスコット・マイナちゃんに扮している。渡から「お国の仕事なんだから、誇りを持ってやれ」と叱咤(しった)されたことを苦笑交じりに明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月22日のニュース