「キンキーブーツ」同い年の共演者「大好きです。春馬くん。いつまでもずっと素敵な笑顔で」

[ 2020年7月22日 08:55 ]

俳優の三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 5人組男性ポップスグループ「プラチナボーイズ」の小池成(30)が21日夜、自身のツイッターで、18日に死去した俳優・三浦春馬さん(享年30)への思いをつづった。

 小池は三浦さんと同学年で、三浦さんと10代の頃に出会い、三浦さんが俳優の小池徹平(34)とダブル主演したブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」での共演をきっかけに、親交を深めた。

 突然の訃報を受け、「もう少しだけお時間ください」と投稿をストップしていた小池。21日夜に連続投稿で三浦さんとの思い出、思いを記した。

 「10代の頃にドラマ観て憧れた。同い年なのにスゴイなって。ハンサムライブでパフォーマンス観て めちゃかっこよくて、なんでもできるんだ!って本当驚いた。FROGS池袋公演で終演後にご挨拶できた時はオーラがヤバ過ぎてずっと感動してた」と回想。「数年後にKinkyBootsでご一緒できて とにかくストイックで納得いくまで努力を惜しまないプロフェッショナル。プライベートでは無邪気で優しく親しく面白くて」と人柄をしのび、「稽古中に『セクシーにかっこいい魅せ方を教えて欲しい!』って僕に声をかけてくれた瞬間がとても嬉しい出来事でした」と懐かしんだ。

 「ミュージカル後も仲良くしてくださって 会えば毎回いつもの優しい素敵な笑顔。いつどの瞬間も思い返すと笑顔しかでてこない」と共演後も交流は続いていたことを明かし、「僕が共に過ごせた時間はほんのわずか、それでも人への影響力は本当にすごい方だった。『同い年の共演者が珍しいから嬉しいよ!』ってそんなこと言ってもらえた僕の方が嬉しいよ、と思ったのを今でも覚えている」と振り返った。

 「突然の事過ぎて正直受け入れ難いです。まだ今もどこかでプロフェッショナルに仕事をしているんじゃないかと思ってしまいます。ふとまた逢えるんじゃないかなって」と沈痛。「しかし受け入れなければなりません。上を向いて前を向いていかなくてはいけません。共に過ごせた時間は僕にとって貴重な宝物です。ありがとうございました、大好きです。春馬くん。いつまでもずっと素敵な笑顔で。ご冥福をお祈り致します」と笑顔の2ショットの写真とともに追悼した。

 さらに「僕が言える立場ではないけど でも伝えたい」と前置きし、「三浦春馬くんは、心から素敵な人で沢山の人に憧れられる存在でした。僕もその一人です。真の人です。だから春馬くんの素晴らしさが これからもずっと永遠に伝わっていきますように信じています!そして、精一杯 生きましょう」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月22日のニュース