ロッテ バルコニースイート900万円から販売

[ 2021年12月2日 14:51 ]

ロッテ「バルコニー・スイート」
Photo By 提供写真

 ロッテはZOZOマリン3塁側スタンドに設置されている個室とウッドデッキが組み合わせられた観戦スペースである「バルコニー・スイート」6部屋をリニューアルし、2022年パ・リーグ公式戦を対象とした年間販売を開始した。

 「バルコニー・スイート」は部屋の大きさに合わせて8~12人の定員が設定されており、室内もしくはバルコニーからの2通りの観戦を楽しめるスペース。今回のリニューアルではソファやテーブルが新たに設置され、部屋の内装もマリーンズカラーに統一された。

 また、フードやドリンクを部屋から注文してデリバリーされるサービスも付帯している。年間販売を開始するにあたり、新たに購入特典として専用駐車場の利用権も付帯している。

 バルコニー・スイートの概要は次の通り。部屋ごとの概要(定員、駐車場台数、年間販売価格):316号室(12人、2台、1300万円)、317号室(10人、1台、1100万円)、318号室(9人、1台、1000万円)、319号室(10人、1台、1100万円)、320号室(10人、1台、1100万円)、321号室(8人、1台、900万円)。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース