ロッテから中村奨&荻野GG賞受賞 チームの複数受賞は15年以来

[ 2021年12月2日 15:42 ]

ロッテ・中村奨(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 第50回三井ゴールデン・グラブ賞が2日発表され、ロッテからは中村奨吾内野手が3年ぶり2回目、荻野貴司外野手は2年ぶり2回目の受賞となった。

 ロッテから複数受賞は15年の涌井秀章(投手)、クルーズ(二塁手)、清田育宏(外野手)の3選手受賞以来となる。

 ▼中村奨 前回受賞させていただいた時からこの賞のことを毎年、意識してプレーをしていました。3年ぶりに受賞できて凄くうれしいです。今年は森脇コーチにキャンプの時から一から熱心に指導をしていただき、そのおかげでレベルアップすることができました。アドバイスをいただいた皆様、手伝ってくださったスタッフ、そして信頼しあいながらお互いカバーしながらプレーをさせてもらったチームメート。皆様に感謝です。本当に一人でとれた賞ではありません。周りの皆様に感謝しかありません。ありがとうございました。

 ▼荻野 2年前受賞させていただいた時は全試合出場ではありませんでしたが、今年は全試合に出場してとれたことに充実感があります。一年間、怪我をすることなく試合に出続けた中でこういう賞をとれたことを本当にうれしく思います。日ごろから練習を見てくれているコーチ、手伝ってくれるスタッフ、そして体のケアをしてくださった皆様に感謝をして、受賞したことを報告したいです。今年の結果に満足せず、チームから信頼をしてもらえるような守備が出来るように来年はもっともっと頑張りたいと思います。これからもそのために精進していきますのでよろしくお願いします。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース