DeNA 1メートル91の前オリオールズ右腕・クリスキー獲得へ “方程式”入り期待

[ 2021年12月2日 03:00 ]

ブルックス・クリスキー(AP)
Photo By AP

 DeNAが来季の新外国人選手として、前オリオールズのブルックス・クリスキー投手(27)と、大筋合意していることが1日、分かった。

 クリスキーは最速98マイル(約157.7キロ)をマークする本格派の救援右腕。今季はヤンキースとオ軍に所属し、救援で通算12試合2勝1敗、防御率14.29だった。投球は粗削りながら、1メートル91の長身から投げおろすスライダー、スプリットの威力が魅力。マイナーでは過去4年間で通算134回2/3を投げ178奪三振と、奪三振率11.9をマークする「ドクターK」ぶりを発揮した。

 三浦監督が就任1年目だった今季、防御率は12球団ワーストの4.15で6年ぶりの最下位に沈んだ。救援陣は、山崎、三嶋が不安定で、勝ちパターンの継投が最後まで確立できなかった。外国人選手ではピープルズ、シャッケルフォードが不振で退団予定。急務である救援陣の立て直しへ向けて、ブルペン強化のためにクリスキー獲得へ動いた。

 チームは国内FA(フリーエージェント)権の行使を宣言した中日・又吉との交渉にも乗り出す予定。最下位からの浮上へ、今後も全力で補強を進めていく。

 ◇ブルックス・クリスキー 1994年2月3日生まれ、米アリゾナ州出身の27歳。16年ドラフト6巡目(全体188番目)で南カリフォルニア大からヤンキース入り。20年6月29日のオリオールズ戦でメジャーデビュー。21年9月に40人枠から外れ、オリオールズに移籍。通算16試合に登板し2勝1敗、防御率14.40。1メートル91、86キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月2日のニュース