×

中日・平田、かつての“相棒”と再タッグ 18年まで愛用のアオダモ製バットに「すごくいい感じ」

[ 2021年12月2日 05:30 ]

ナゴヤ球場の室内練習場でマシン打撃を行い、引き揚げる平田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 今季21試合出場に終わった中日・平田が、17年目の来季巻き返しに向け「相棒」を復活させる。

 1日、ナゴヤ球場の室内練習場に姿を見せ、18年シーズンまで愛用していたアオダモ製のバットで打撃練習。「すごくいい感じ。バットと楽しく会話しながら(打った)」とかつての相棒との“再会”を喜んだ。

 公表した異型狭心症の症状も徐々に良化。「医者からも『ガンガンやってくれ』と言われている。(来年)2月1日にはどんな動きでも、なんでもできる体に仕上げる」と来春キャンプを見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース