広島・堂林 逆襲へ「長打力に磨きかけたい」メジャー移籍の誠也の穴埋める覚悟の誓い、現状維持でサイン

[ 2021年12月2日 05:30 ]

来季の契約を終え、名誉挽回を誓った広島・堂林
Photo By スポニチ

 広島・堂林が1日、球団事務所で来季の契約交渉に臨み、単年契約で現状維持の推定年俸3600万円でサイン。今季取得した国内FA権を行使せず、いち早く残留表明しており「実力不足。こういう成績なので、オフにしっかり準備して、また来年頑張りたい」と巻き返しを強く誓った。

 今季は打撃3部門で自己ベストをマークした昨季から一転、「7番三塁」で開幕を迎えながら出場70試合で打率・190、0本塁打、5打点と低迷。鈴木誠のメジャー挑戦で、来季は長打力を秘める右打者の需要が増すだけに「自分もそこに磨きをかけたい。基本に戻ってセンターから右方向。今季は左への打球が多かったので改善したい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース