日本ハム・鈴木健 170万円増 左打者対策して来季目標は50試合登板

[ 2021年12月2日 05:30 ]

質疑応答で笑顔を見せる鈴木健(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム2年目の鈴木健は1日、170万円アップの年俸1050万円で契約を更改した。

 今季は昨季より10試合多い21試合に登板。「コントロールの部分で落ち着いて投げられる試合が多くあった」と振り返るが、被打率1割台の右打者に対して、打率3割以上を許した左打者対策が課題として残った。左打者への内角へのカットボールを練習し始めた鈴木健は「来季は50試合(登板)を目指したい。勝ちパターンに食い込めるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース