ヤクルト・石山が契約更改 4年契約1年目を終え「来年“やり返してやるぞ”という気持ち」

[ 2021年12月2日 18:49 ]

契約更改会見後、感謝の気持を書き入れた色紙を手にするヤクルト・石山泰稚投手
Photo By 代表撮影

 20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトは2日、都内の球団事務所で契約更改をスタートした。昨オフに4年総額7億円の契約を結んだ石山は、58試合登板で0勝5敗10セーブ、防御率3・60。守護神として開幕したが、不振によりファームで再調整。中盤以降はクローザーの役目をマクガフに譲り、セットアッパーとして1軍に戻った。「チームとしては最高の結果になって良かったが、個人としては満足のいく結果ではない。関わって頂いた方々に感謝しかない。来年“やり返してやるぞ”という気持ちです」と来季を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月2日のニュース