巨人・坂本 3年連続5度目のGG賞に「和真も受賞したと聞き、さらに喜びが増しました」

[ 2021年12月2日 16:31 ]

巨人・坂本
Photo By スポニチ

 守備のベストナインを選ぶ「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」が2日に発表され、巨人・坂本勇人内野手(32)が遊撃手部門で3年連続5度目の受賞を果たした。

 坂本は「ゴールデングラブ賞に選出していただきありがとうございます。投票してくださった記者の皆様に感謝いたします。個人的に毎年獲りたいと思っている賞ですし、今年は和真も受賞したと聞き、さらに喜びが増しました。ゴールデングラブの(岡本)和真さんのサポートを受けながら、また来年三遊間で選出していただけるように頑張ります」とコメントした。

 今季は守備率・991をマークし、遊撃手部門で12球団トップと安定した守備でけん引した。来季も主将を務めることが決まり、球団では阿部慎之助(現助作戦兼ディフェンスチーフコーチ)に並ぶ最長タイの8年目に突入する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース