3年ぶりの初戦敗退のパナソニック 初回ヒット放った期待の星、3番DH・三宅浩史郎「いい経験になった」

[ 2021年12月2日 05:30 ]

第92回都市対抗野球1回戦   パナソニック1-3日本通運 ( 2021年12月1日    東京D )

<パナソニック・日本通運>日本通運に敗れ、うつむきながら引き揚げるパナソニックナイン(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われ、パナソニック(門真市)は日本通運(さいたま市)に敗れた。

 9回2死無走者から1点を返し零敗を免れるのがやっとで、3年ぶりの初戦敗退を喫した。そんな中で「3番DH」で先発した1年目の三宅浩史郎が初回2死から左前打。阪神・栄枝とは立命大の同期で中軸を担った期待のスラッガーは「いい経験になった。来年はチームの顔として日本一になれるように」と逆襲を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース