元巨人スカウト・加藤克巳さん死去 86歳 原辰徳、槙原寛己らの獲得に尽力

[ 2021年12月2日 05:30 ]

槙原寛己(右から2人目)の獲得に尽力した巨人・加藤スカウト(左)
Photo By スポニチ

 巨人の元捕手で、スカウトを務めた加藤克巳(かとう・かつみ)さんが11月30日午後2時52分、慢性心不全急性増悪のため死去した。86歳。愛知県出身。葬儀は近親者のみで執り行われ、喪主は長女・西谷麻子(にしや・あさこ)さん。

 中京商時代に夏の甲子園で優勝し、55年に巨人入団。通算41試合出場で打率・242、0本塁打、4打点。63年の現役引退後はスカウトとして在籍し、原辰徳、槙原寛己らの獲得に尽力した。

 巨人・原監督は「多くの方が私のプロ野球への入り口をつくってくれましたが、その中の一人です。改めて感謝するとともに、謹んでご冥福をお祈りします」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月2日のニュース