オリックスのルーキー中川颯 悔しい50万円減でサイン「1試合しか投げられなかった」

[ 2021年12月2日 15:11 ]

<オリックス 契約更改> 契約を更改し、会見する中川颯 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 オリックスの中川颯投手(23)が2日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み、50万円減の年俸850万円でサインした(金額は推定)。

 ルーキーイヤーの今季は1軍での登板はわずか1試合、7月14日の日本ハム戦(帯広)の1イニング。「チームが優勝したことは嬉しいが、それよりも1試合しか投げられなかった。日本シリーズもテレビで見ていて、あそこにいられなかった方が何百倍も悔しかったです」と唇を噛んだ。

 それでも1メートル84の長身から長い腕を駆使したアンダースローを武器にウエスタン・リーグでは41試合で防御率1・13と安定感を見せた。「ファームだと自分の抑えるビジョンが見えた中で投球ができていた。それが1軍相手でもできるようになりたい」とレベルアップを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月2日のニュース