広島・誠也 GG賞でセ最多得票を獲得「今年は守備もしっかり意識して取り組んできた」

[ 2021年12月2日 16:14 ]

広島・鈴木誠(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 プロ野球「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」が2日に発表され、広島・鈴木誠也外野手(31)が3年連続5回目の選出となった。

 セ・リーグでは最多となる233票を獲得。球界随一と言われる打撃に加え、守備でも超一流であることを証明した。

 鈴木誠は球団を通じて「今年は守備の方もしっかり意識して取り組んできたので、すごくうれしいです。守備、走塁、打撃全てを常に大切にしているので、その中でゴールデン・グラブ賞という一番良い賞を受賞することができて、光栄に思います」と喜びの声を発表した。

 今オフは、ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月2日のニュース