ロッテ止まらん4連敗 先発二木5回4失点 打線も振るわず 首位オリと1・5差 楽天戦連勝9で止まる 

[ 2021年10月2日 16:46 ]

パ・リーグ   ロッテ1ー6楽天 ( 2021年10月2日    楽天生命 )

<楽・ロ22>初回無死、山崎剛に先頭打者ホームランを打たれた二木(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 2位のロッテは2日、3位・楽天と敵地・楽天生命パークで対戦。1-6で敗れ、今季開幕5連敗以来となる4連敗を喫し、楽天戦の連勝も9でストップ。首位オリックスとのゲーム差は1・5に、ロッテとのゲーム差は2・5となった。

 先発・二木は初回に山崎剛に左翼席への2号先頭打者弾を浴び先制を許した。2回も先頭・鈴木大の右二塁打から、続く茂木にの一塁線でイレギュラーした打球にレアードが対応出来ずに適時二塁打を浴び加点を許すと、なおも1死三塁では辰己の右犠飛で3点目を失った。3、4回は無失点も5回は先頭・辰己に中越えの10号ソロを浴びた。二木は5回を投げて6安打4失点で降板。今季6敗目となった。

 6回は2番手・小野が登板も、先頭・浅村の安打と犠打で1死二塁に鈴木大の一塁への打球をレアードが適時失策して5点目を失った。8回には3番手・中村稔が1死満塁で茂木に左犠飛を浴びさらに1点を失った。

 打線は楽天先発・岸を打ち崩せず。4回に2死二塁でエチェバリアが中堅を破る適時二塁打を放ち1点を返したが、エチェバリアが三塁を狙ってアウトとなりそこまで。その後も得点を挙げることができなかった。

 楽天は打線が2本塁打を含む9安打で6得点。先発・岸は低めにボールを集める丁寧な投球で6回を4安打1失点と好投。2番手・宋家豪、3番手・酒居は無失点、最後は安楽につないで逃げ切った。岸は今季8勝目で自身の連敗をストップ。自身のロッテ戦連敗も3で止めた。チームは3連勝でロッテ戦連敗を9で止めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース