すげえぞ!阪神・高橋、2戦連続完封 わずか97球の“マダックス”達成

[ 2021年10月2日 16:29 ]

セ・リーグ   阪神3-0中日 ( 2021年10月2日    甲子園 )

<神・中22>2試合連続の完封勝利を挙げ、ナインの祝福に笑顔の高橋(中央)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の先発・高橋が2試合連続で完封勝利。わずか97球での“マダックス”で、会心の投球でチームの連勝に貢献した。

 9月18日の対戦で7回無失点に抑えた中日打線相手に、再び圧巻の投球をみせた。最速149キロの直球に、ツーシーム、カットボール、スライダーなどを駆使して相手を翻弄(ほんろう)。テンポよくアウトを積み重ね、無四球で二塁すら踏ませなかった。

 打線は初回にマルテの2試合連続となる21号3ランで先制。以降は沈黙したが、左腕にはこの3点で十分だった。9回は先頭の京田に中前打を浴びながら、代打・福留を空振り三振。大島を二ゴロ、ビシエドを三ゴロに仕留めた。被安打5での完封劇。これで27イニング連続無失点で、自身3連勝とした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース