虎党歓喜のラパンパラ!!マルテ&サンズで、95年グレン&クールボー以来の助っ人20発コンビ結成

[ 2021年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-2中日 ( 2021年10月1日    甲子園 )

<神・中>5回、マルテは左越え3ランを放つ
Photo By スポニチ

 阪神・マルテが、追いすがる竜を突き放した。5回2死一、二塁で勝利を決定付ける特大3ラン。6試合ぶりの一発で、来日3年目で初めて20号に到達した。

 「こうやって自分のホームランが勝利に結びつくことができて本当にうれしいですし、これからもチームの勝利のためにラパンパラをいっぱい届けたい」

 1点差に迫られた直後。さらに2死無走者からつくったチャンスで存在感を示した。1ボールからの2球目、笠原の高く浮いた変化球を見逃さなかった。打った瞬間に誰もが柵越えを確信した打球は左翼スタンドに着弾。虎党が歓喜に沸く中、渾身のラパンパラを繰り出した。すでに20号のサンズとともに、95年のグレン&クールボー以来26年ぶりの助っ人20発コンビを結成。矢野監督にも「流れが一気にこっちに来るバッティングをしてくれた。素晴らしいホームラン」と称えられた。

 開幕からチームをけん引し続けてきたが、意外にも今季初の甲子園のお立ち台。「ファンの方々の前で、そしてチームメートの前で、こうやって自分のうれしさを共有することができたので、本当にうれしく思います。チャンピオン目指して頑張りたい」と宣言。最後はファンと一緒にラパンパラで喜びを分かち合い、「もっとファンの方々と(勝利のラパンパラを)できることを祈りながら、これからも頑張りたい」と言葉に力を込めた。(阪井 日向)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース