×

巨人・原監督「私の中ではあまり変えたくないなと」 127日ぶり緊急先発、畠の先発再転向には消極的

[ 2021年10月2日 19:00 ]

セ・リーグ   巨人5―4DeNA ( 2021年10月2日    東京D )

<巨・D22>巨人先発の畠(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2日のDeNA戦(東京D)で予告先発するはずだった巨人の山口俊投手(34)が右肘違和感のため試合当日に登板を回避。緊急先発となった畠世周投手(27)は2点援護をもらったものの追いつかれ、3回3安打2失点で降板した。

 今季途中に先発から中継ぎに配置転換されていた畠は9月29日、30日の中日戦(バンテリンD)でリリーフとして連投しており、5月28日のソフトバンク戦(ペイペイD)以来127日ぶりの先発はそこから中1日でのマウンド。試合後、畠について聞かれた巨人の原辰徳監督(63)は「やっぱり調子そのもの、力は、ボールはあるんでね。いいピッチングはしたと思いますけど。あそこの狙ったところに最後、逆球に行ってタイムリー。あそこがやっぱり課題と言えば課題でしょうね」とコメントした。

 また、今後の先発復帰について聞かれると「基本的にはリリーバーの中に一人いてくれる、畠がいてくれるっていうのは大きい。そのパーツができたっていうのはあるんでね。私の中ではあまり変えたくないなというのは思っています」とやや消極的。「ピッチングコーチとまたその辺は話をして、今日は応急処置という部分で行ったので」と話すにとどまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース