×

巨人・坂本 史上最年少400二塁打王手 7回亀井の決勝犠飛お膳立て

[ 2021年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2DeNA ( 2021年10月1日    東京D )

<巨・D>7回1死一塁、砂田から通算399本目となる左線二塁打を放つ坂本(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本が7回、左翼線へ通算399本目の二塁打。史上最年少での400二塁打到達へ王手をかけた。

 同点の1死一塁、2番手・砂田の144キロ直球を捉えて好機を拡大。亀井の決勝犠飛をお膳立てした。原監督は「まだまだ詰めの甘いところはある。でも今日勝利したというところで、さらに上乗せしていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース