首位オリックスにアクシデント! 主砲・吉田正、右手首付近に死球受け負傷交代

[ 2021年10月2日 15:38 ]

パ・リーグ   オリックス-ソフトバンク ( 2021年10月2日    京セラD )

<オ・ソ22>4回1死一塁、死球を受け、痛がるオリックス・吉田正(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 主砲にアクシデントが訪れた。オリックス・吉田正が5―0の4回1死一塁から右手首付近に死球を受け、負傷交代となった。

 ベンチに下がり、治療を施したものの再びグラウンドに戻ることはなく、太田が代走で出場した。

 吉田正は9月3日のソフトバンク戦で左太もも裏を痛め同5日に登録を抹消。26日に再登録されたばかり。患部の状態が心配される。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース