×

巨人先発予定の山口 右肘違和感で登板回避 代役は畠

[ 2021年10月2日 12:52 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2021年10月2日    東京D )

<巨・D22> キャッチボールをする山口 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 先発予定だった巨人の山口俊投手(34)が登板を回避した。球団によると右肘に違和感が生じたため。都内の病院で診察を受ける予定とした。

 試合前練習でキャッチボール後、中堅付近で宮本投手チーフコーチとトレーナーを交え話し込み、練習を切り上げた。

 右腕は前回9月26日の阪神戦で14年ぶりの中4日で登板も2回2/3を1失点で降板し、敗戦投手に。7月7日の中日戦以来、9試合連続で勝ちから遠ざかっていた。

 先発は畠世周投手(27)に変更された。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース