槙原寛己氏 日本ハム・斎藤が苦しんだ一因は“直球の質”、故障で磨けなかったことが残念

[ 2021年10月2日 05:30 ]

日本ハム・斎藤佑樹投手 今季限り現役引退

今季限りでの引退を発表した斎藤佑樹投手
Photo By スポニチ

 【槙原寛己の目】近年は故障の影響で変化球中心の投球が続いていた日本ハムの斎藤だが、やはり投球の軸となるのは直球だ。高校時代から大学、プロと、直球が質を含めて思ったほどステップアップしなかった。それがプロの世界で苦しんだ要因の一つだと思う。決して体は大きくない。何とかパワーを出そう、出力を上げようと試行錯誤していたのだろう。

 高校時代からフォームが気になっていた。斎藤は左足を上げた際、軸足である右足の膝を折り曲げる。確かに軸足に体重は乗るが、打者の方に向かう横移動の力を伝えづらくなる。フォームで何より大切な体重移動の際に、力をロスしてしまっていた。また、ボールの出どころが低くなり、投球に角度が付きづらい。威圧感に欠け、打者からは見やすい投球フォームだった。

 ただ、早実時代は非常にいいボールを投げていたと思う。その直球の質を、故障などもあってプロの世界で磨けなかったのは、本当に残念に思う。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月2日のニュース