広島・クロンが救世主だ! 昇格1打席目で先制タイムリー 「緊急昇格」に応えた!

[ 2021年4月18日 14:38 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2021年4月18日    バンテリンD )

<中・広(6)>2回2死二塁、クロンは先制となる右越え適時打を放ち、ベンチを指さす(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島のケビン・クロン内野手(28)は、2回2死二塁でカウント1―1からの小笠原の直球を右越え適時打として先制に成功した。

 クロンは昇格即日で「7番・一塁」で先発出場。上半身のコンディション不良により5日に出場選手登録を抹消されていた中、2軍戦2試合のみでの“緊急昇格”だった。

 チームは直近5試合中4試合で零敗と打線が低調で、前日17日の同戦では5番以降が無安打だった。この日は、下位打線に入った新助っ人が早速起用に応えた。

 ▼広島・クロン 打ったのは直球。ランナーをしっかり還そうと思って、ライト方向を意識して打ちいきました。しっかり捉えることが出来て走者を還すことが出来て良かったです。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース