立大・道原 リーグ初本塁打が先頭ランニング本塁打 高校の先輩・田中将が日本復帰登板の日に

[ 2021年4月18日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   立大2ー2法大 ( 2021年4月17日    神宮 )

<立大・法大>初回無死、打球を放ち走る立大・道原(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。明大は篠原翔太内野手(3年)がリーグ戦1号を放つなど2本塁打5打点をマーク。打線は17安打を放ち11―0で東大を下した。立大は9回2死から同点に追いつき、法大と2―2で引き分けた。1番・道原慧外野手(3年)が、初回に先頭打者ランニング本塁打を放った。

 駒大苫小牧出身の立大・道原が、リーグ戦初本塁打をランニング弾でマークした。2点を追う初回、先頭で打席に入り右前へ。右翼手が後逸する間に、50メートル5秒9の俊足を生かして生還し「うれしいですけど、ホームランを期待される選手ではないので」と苦笑いを浮かべた。高校の先輩にあたる楽天・田中将が、日本復帰登板した日に記念の一打。「高校時代、監督さんからは“田中選手は1年生の時から3年生にガツガツいっていた”と聞いた」と振り返った。1点を追う9回2死二塁から代打・吉岡の中前同点打で引き分け。吉岡は「真っすぐ一点張りでいきました」と振り返った。

 ▼法大・三浦(2失点11奪三振で完投も、9回2死から同点打を浴び)三振を取るつもりで投げた。冷静になればインコースで良かったのかなと思う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース