中日 痛タタ 祖父江の救援失敗で逆転負け 先発・小笠原は1失点の好投も

[ 2021年4月18日 17:19 ]

セ・リーグ   中日2-4広島 ( 2021年4月18日    バンテリンD )

<中・広(6)>8回、逆転を許し、ガックリとベンチに戻る祖父江(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が痛恨の逆転負けを喫し、今季初の連勝はならなかった。0―1の6回1死一、二塁、福田の左前打で同点とし、1死満塁から6番・三ツ俣が投前にスクイズを決めて勝ち越し。しかし1点リードの8回に3番手・祖父江が乱れ、3失点で逆転を許した。

 先発の小笠原は2回に先制点を失ったが、その後は最速147キロ直球を軸に安定した投球。6回2/3を投げ、6安打1失点と試合をつくり「先に点を取られたのが、次の課題になりました」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース