阪神 育成の小野寺を支配下登録 長打が売りの大卒2年目外野手

[ 2021年4月18日 09:13 ]

阪神・小野寺暖
Photo By スポニチ

 阪神は18日、育成の小野寺暖外野手(23)を支配下登録すると発表した。背番号は97。

 小野寺は19年育成1位で阪神に入団。パンチ力があり、長打を売りにしている。本職は外野だが、一塁や三塁も守れるなど、ユーティリティーな一面もある。今季は2軍戦で17試合に出場、打率・328、1本塁打、10打点と同チームの小幡と並んでウエスタン・リーグ打率トップに立つなど、好調を維持していた。17日には右腕・谷川が日本ハムへトレード移籍したことで、支配下枠は2つ空いていた。

 ◆小野寺 暖(おのでら・だん)1998年(平10)3月17日生まれ、奈良県出身の23歳。小2から硬式の奈良リトルで野球を始め、平城東中では南都ボーイズでプレー。京都翔英では甲子園出場なし。大商大では2年秋からリーグ戦に出場し3年春、4年春にリーグMVP。19年育成ドラフト1位で阪神入り。1メートル83、82キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月18日のニュース