横浜のドラフト候補 最速148キロ左腕・金井はバットで貢献

[ 2021年4月18日 05:30 ]

春季高校野球神奈川県大会3回戦   横浜4―1立花学園 ( 2021年4月17日    サーティーフォー相模原 )

1安打1打点とバットで貢献した横浜・金井(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト候補に挙がる横浜の最速148キロ左腕・金井慎之介(3年)が「3番・左翼」で出場。3打数1安打1打点とバットで貢献した。

 初回1死三塁で先制の左犠飛を放ち「試合前に“相手より先に”と話していた。先制点を取れたことは大きい」と笑顔。昨秋の神奈川県大会で敗れた東海大相模がセンバツ優勝を果たし「普段から相模を意識している。絶対に倒さないといけない相手」と再戦を望んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース