巨人新外国人のテームズが2安打 スモークは死球受け途中交代 イースタン楽天戦

[ 2021年4月18日 15:16 ]

イースタン・リーグ   巨人―楽天 ( 2021年4月18日    ジャイアンツ球場 )

イースタン・リーグ楽天戦で2安打を放った巨人・テームズ
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人のエリック・テームズ外野手(34)が「3番・DH」で先発出場し、2安打1打点と存在感を示した。

 初回の第1打席で鮮やかな左前打を放つと、5―1の4回無死一、二塁で迎えた第3打席は左前にしぶとく落とす適時打。「いい所に落ちてくれたね。いい追加点になって良かったよ」とコメントした。

 一方、「4番・一塁」でスタメンに名を連ねた同じく新外国人のジャスティン・スモーク内野手(34)は、3回先頭の第2打席で左足のつま先付近に死球を受けた。そのまま一塁走者として、続くウレーニャの左前打で二塁へ進塁したところで代走・秋広が送られた。大事を取っての交代とみられる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース