はい、きょうも勝ち!? 阪神 大山の犠飛で初回に得点 先制すれば14連勝中の“神話”

[ 2021年4月18日 14:26 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2021年4月18日    甲子園 )

<神・ヤ(5)> 1回無死満塁、大山は先制の右犠飛を放つ(投手・小川)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 6連勝中の阪神が幸先よく先制に成功した。

 初回、近本、糸原、マルテの3連続単打で無死満塁とすると大山がフルカウントから右翼へ犠飛。続く1死一、三塁でサンズは遊ゴロ併殺に倒れて追加点こそ奪えなかったが、チームはここまで先制すれば開幕から14連勝中。3勝負けなしの先発・ガンケルを早々に援護した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース