西武“一日天下”2位後退…2被弾5失点の先発浜屋に辻監督「勝負球甘い」2軍降格明言

[ 2021年4月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1ー7ソフトバンク ( 2021年4月17日    メットライフD )

<西・ソ>3回、グラシアル(後方)に2ランを浴びる浜屋(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西武はソフトバンクとの首位攻防第2ラウンドに大敗し、1日で楽天と並ぶ2位に後退した。

 先発の浜屋がグラシアル、松田に2本の2ランを被弾。4回5失点で3敗目を喫し「2本ともカウントを取りにいく球を打たれてしまった。自分の力のなさで、本当に申し訳ないです」とうなだれた。

 辻監督は「勝負球が甘い。あれぐらいの球威だったら打たれる」と苦言を呈し、2軍降格を明言。また、1勝2敗と振るわない松本もこの日から中継ぎに回り、浮上のきっかけを探ることになった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース