胸を張れ、小笠原 2勝目の権利手に降板も逆転負け 進化と成長を示したコメント「勝てなきゃ意味ない」

[ 2021年4月18日 19:30 ]

セ・リーグ   中日2ー4広島 ( 2021年4月18日    バンテリンD )

<中・広>7回途中まで力投した中日・小笠原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・小笠原慎之介投手(23)がチームを勝利に導けなかったことを深く悔いた。

 先発し、6回2/3を6安打1失点。試合をつくり、勝利投手の権利を持って降板したものの、満足感はかけらもない。敗戦の理由を自らの投球内容の悪さに求めた。

 「勝てなきゃ意味ないと思う。自分中心の人なら“抑えて良かった”で終わるけど、目標は日本一。チームが勝てるように、投球から流れを引き寄せられるようになりたいなと思います」

 回の途中で降板したこと。幾度もピンチを招き、打線のリズムを引き出せなかったこと。全てが不満だった。

 2回に先制を許したが、その後は最速147キロ直球を軸に、変化球とのコンビネーションで粘り抜いたが「何一つ、目的、目標を達成できなかった。次こそはしっかり達成できるようにやりたい」と自分に厳しかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース