広島 失策から悪夢 高橋昂5回無失点での継投決断も… 中田2失点で復帰戦白星は幻に

[ 2021年4月18日 16:18 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2021年4月18日    バンテリンD )

<中・広(6)>力投する先発の高橋昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 19年の左肘手術からの復帰登板となった広島・高橋昂也投手(22)が5回1安打無失点と好投するも、復帰戦での勝利投手の権利は幻と消えた。

 1―0の6回からは2番手・中田廉投手(30)が登板。先頭の大島を一塁へのゴロに打ち取るもクロンが失策し、続く京田は左前打。1死後、福田に同点の左前適時打を許すと、1死満塁からは三ツ俣にセーフティースクイズを決められて勝ち越された。

 中田は自責0ながら2失点。結果的には、継投策が奏功しなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース