中日・与田監督「やっと会えた」 新外国人3選手入団会見

[ 2021年4月18日 10:33 ]

<中日新外国人入団会見>入団会見を終え、与田監督(上)と共に笑顔をみせる(左から)ロサリオ、ガーバー、ワカマツ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・与田剛監督(55)が18日、ナゴヤドーム内で新外国人3選手の入団会見に出席。「非常に嬉しかった。やっと会えた」と笑顔を見せた。

 マイナー通算91本塁打と長打力が持ち味のガーバーだが、本塁打については「過度なことは求めていない」と言い切る。バンテリンドームでは一発に頼った戦いができないため「トータルバランスのレベルが高い選手。ホームランだけでなく、全体のレベルがアップする働きをガーバーに求めている」と得点力アップの原動力として期待した。

 左のリリーフとして期待されるロサリオについては「アグレッシブな投球をしてくれる。球種が豊富でコントロールもいい。大きな期待をしている」と言う。「とにかく(2軍の)試合に出場して、試合勘を確認してもらって、1軍で使える状況になれば、すぐに来てもらいたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース