DeNA三浦監督 9連敗回避も「やっぱり勝たないと…」 ソト&オースティンは「徐々に良くなってきた」

[ 2021年4月18日 17:57 ]

セ・リーグ   DeNA2―2巨人 ( 2021年4月18日    横浜 )

<D・巨>引き分けに終わり引き揚げる三浦監督(左)と青山コーチ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 8連敗中のDeNAは巨人と2―2で引き分け、3カード続けての3連敗を回避。三浦監督は「内容としては悪くなかった。もう一本のところでしたね。やっぱり勝たないと…」と悔しさをにじませた。

 試合はソトに待望の1号ソロ、オースティンには今季初の適時打が生まれるなど両外国人が活躍。三浦監督は「試合をこなす度に慣れてきていると思いますし、つながりも徐々に良くなってきていると思うので、後は結果につなげるだけですね」と評価。

 ドラフト1位ルーキーの牧を5番に起用するなど大幅に変更した打順については「また考えます。色々と考えながら何とか勝てるようにやっていきます」とコメント。最後に「今週は勝てなかったですけど何とか連敗を止められるように、またみんなでやっていきます」と20日からの中日戦を見据えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース