阪神・梅野 負傷交代 ワンバン投球が右手親指に 開幕19試合全てでスタメンマスクの正捕手

[ 2021年4月18日 16:55 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2021年4月18日    甲子園 )

<神・ヤ(5)> 7回無死一塁、石井大のワンバウンド投球を止めようとして、梅野は右手?を負傷(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の梅野隆太郎捕手(29)が、ヤクルト戦の7回の守備で負傷交代した。

 無死一塁で元山を迎えた場面で、石井大の投じた2球目がワンバウンドとなり、グラブを持つ手と逆の右手親指付近に当たった。ベンチに下がり、そのまま矢野監督が坂本との交代を告げた。

 ここまで開幕19試合全てでスタメンマスクを被り、スタートダッシュに貢献しているだけに状態が心配される。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース