ソフトB・高橋礼「4度目の正直」で今季初勝利!専大松戸時代の恩師誕生日を美馬&上沢とトリプル祝い

[ 2021年4月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク7ー1西武 ( 2021年4月17日    メットライフD )

<西・ソ>今季初勝利を挙げ笑顔の高橋礼(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・高橋礼が「4度目の正直」で今季初白星。チームは今季西武戦連敗を4で止め、一夜で首位に再浮上した。

 「ボール球が多いふがいない投球だったけど、今日はストライク先行で投げられた」。開幕2戦目を任された今季は、過去3試合、16回2/3で18四死球と精彩を欠いた。この日は6回を投げ4四死球も、わずか2安打で1失点に抑えた。

 この日は専大松戸時代の恩師・持丸修一監督の73歳の誕生日。デーゲームのロッテ・美馬、日本ハム・上沢に続き、この日のパ・リーグ勝利投手は持丸監督の指導を受けた3人のそろい踏みとなった。

 先発勝利は19年9月23日のオリックス戦以来。「カウントが悪い時でも大胆に真ん中でストライクが取れた。真っすぐや変化球もしっかり腕を振れた」と手応えを口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月18日のニュース