広島・森下 ついに今季初失点 味方失策絡んで、開幕からの連続無失点は16回でストップ

[ 2021年4月14日 18:43 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2021年4月14日    甲子園 )

<神・広(4)> 広島先発・森下(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島・森下暢仁投手(23)が今季初失点を喫した。2回に先制点を失い、開幕から続けていた連続無失点は16イニングでストップした。

 初回はわずか8球で阪神打線を3者凡退に封じる上々の立ち上がり。しかし2回、2死から佐藤輝を四球で出塁させ、味方失策で一、二塁とすると、8番・中野に右前打を浴びた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース