「稲葉構想」にあの名前が…阪神・佐藤輝に注目「非常に気になる」

[ 2021年4月14日 05:30 ]

バットを手に気合の入った表情を見せる阪神・佐藤輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が13日、東京五輪への公式戦視察をスタートさせた。足を運んだ阪神―広島(甲子園)は降雨中止となったが、お目当ての選手の一人に阪神・佐藤輝明外野手(22)も加わったことを明らかにした。

 「非常に気になる選手の一人ですね。遠くに打球を飛ばすのは練習で身につくものではなく魅力のある選手」

 走塁や進塁打、犠打などスモールベースボールを標榜(ひょうぼう)する侍ジャパンだが、横浜スタジアムの右中間場外へと放り込むメジャーリーガー級の長打力はやはり輝いて見える。実績も経験もゼロのため今夏の東京五輪は現実的ではないが、「まだ1年目なので、どこまでやれるのか期待しています」と今後の成長を追いかけていくのは間違いない。

 呼応するように佐藤輝も「名前を出していただけるのはありがたいですし、いつか日本代表に選んでもらえる選手になれるように、しっかりと目の前の試合を頑張っていきたいと思います」と身の引き締まる思いを吐露。近大2年の日米大学野球選手権に出場しており、いずれは日の丸を背負って世界の舞台で戦うイメージを思い描いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース