オリックス ソフトBに2年ぶりの3連勝 中嶋監督の采配的中 代打T‐岡田、漆原投入はまる

[ 2021年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス7ー4ソフトバンク ( 2021年4月13日    ペイペイD )

<ソ・オ>9回1死満塁から中越え2点適時二塁打を放ち、開幕から続いた連続1桁安打試合を止めたオリックス・中川圭(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 勝利の確率を高める最良の選択だった。オリックス・中嶋監督は迷いなくタクトを振った。延長戦がない“短期決戦”ならではの采配が随所で的中した。

 主導権を奪った一手だった。「任せました、Tに」。指揮官が振り返ったのは1―1の6回1死一、三塁。2安打していた杉本に代え、代打にT―岡田を起用した。2番手・津森の外角149キロ直球をとらえ、決勝の中前適時打を放った。

 勝負手は2―1の7回だった。田嶋が1死一、二塁を招くと、守護神・漆原を投入。松田を三ゴロ併殺に仕留め反撃機を遮断した。中嶋監督は「9回も7回も(漆原は)しびれる場面にいる投手。ああいう場面でも出す。あそこで終わりなら、どんな形であれ取りにいく形にした方がいい」と狙いを明かした。

 波及効果は9回に表れた。4安打で5点を奪い、開幕から16試合目で初の2桁11安打を記録。61年近鉄(16試合)に並ぶリーグワーストを阻止し連敗も2で止めた。ソフトバンク相手に2年ぶりの3連勝。指揮官は「あと2つ。あしたまた頑張ります」と力を込めた。 (湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース