巨人 コロナ陽性だった丸、中島、若林が退院 練習再開「イメージしていたよりも動くことができた」

[ 2021年4月14日 16:17 ]

都内の病院から退院し、ジャイアンツ球場で練習する巨人・丸(読売巨人軍提供)
Photo By 提供写真

 巨人は14日、新型コロナウイルスの陽性判定を受け入院していた丸佳浩外野手(32)、中島宏之内野手(38)、若林晃弘内野手(27)が退院したと発表した。3選手は4日に陽性判定を受け東京都内の病院に入院していた。入院中の10日間、体調に異状はなく、無症状だった。陽性判定を受けた検体の採取日から、無症状のまま10日間が経過したことから、厚生労働省の退院基準に基づき、二次感染を防ぐための行動制限を科す必要はないとして、退院を認められた。

 退院後、ジャイアンツ球場でキャッチボールやティー打撃などの練習を行った。丸は「入院中は不安な部分はあったが、今日動いてみて自分がイメージしていたよりも動くことができた。24時間大変な思いをして見てくださった医療従事者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」と球団を通じコメント。中島は「入院中、支えてくださった医療従事者の皆様に感謝しています」と語り、若林も「医療従事者の方への感謝の気持ちを持って野球に打ち込む」と感謝の思いを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース