ダル「とにかくいい思い出がたくさん」 恩師に並んだ通算165勝「次も勝って佐藤さんを抜きたいです」

[ 2021年4月14日 14:44 ]

ナ・リーグ   パドレス6―2パイレーツ ( 2021年4月12日    ピッツバーグ )

<パイレーツ・パドレス>移籍後初勝利を挙げたダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 パドレスのダルビッシュ有投手(34)が14日、自身のブログを更新。恩師の通算勝利数に並んだことを喜んだ。

 ダルビッシュは12日(日本時間13日)のパイレーツ戦で7回1失点と好投。パドレスに移籍して3試合目で待望の今季初勝利をマークした。これが日米通算165勝目。「昨日の勝利で通算165勝目だったそうで、プロ入り後に面倒を見てくださった佐藤義則さんの通算勝利数に並びました」と書き出したダルビッシュは「100勝超えたあたりから勝利数を覚えられずしょっちゅうWikipediaで調べていました笑」「あと何勝で佐藤さんに追いつけるかを数えていました笑」とプロ1年目の2005年から2軍投手コーチ、翌06年から1軍投手コーチとして教えを受けた恩師・佐藤義則さん(66)の通算勝利数に並んだことをピースサインの絵文字付きで喜んだ。

 「入団当初は生意気でフラフラしていた自分ですが、何かを押し付けたりされたこともなくてとにかく優しかったですね。ペットボトルをポケットに入れて走ってたらめっちゃ怒られた記憶がありますが笑」と現役時代に“不死鳥”と呼ばれて44歳までプレーし、引退後は名伯楽として知られる佐藤さんとの思い出を懐かしんだダルビッシュ。

 「とにかくいい思い出がたくさんあります。またブルペンで投げているのを見てもらいたいなと最近良く思いますね」とした上で「次も勝って佐藤さんを抜きたいです」と“恩師超え”となる166勝目に意気込んでブログを締めくくった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース