貧打解消へ秘策!福留、中日では21年ぶり2番で先発 4番はA・マルティネス

[ 2021年4月14日 17:15 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2021年4月14日    東京ドーム )

中日・福留(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 貧打が続く中日が“秘策”に打って出た。

 巨人戦のスタメンが発表され球界最年長の福留が「2番・右翼」で先発出場。

 福留の2番でのスタメンは阪神時代の昨年8月7日の広島戦以来。中日では00年9月21日の横浜戦以来、実に21年ぶり。さらにA・マルティネスが今季初めて4番に座り、ここまで3番で出場していた高橋周が5番となった。

 前日13日、わずか1安打に終わった貧打戦がよみがえるか、注目が集まる。

 スタメンは以下の通り
 1 中 大島
 2 右 福留
 3 左 福田
 4 一 A・マルティネス
 5 三 高橋周
 6 二 阿部
 7 捕 木下拓
 8 遊 京田
 9 投 勝野

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース