巨人・サンチェス、7回1/3“ノーヒットワンラン”で今季1勝

[ 2021年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2ー1中日 ( 2021年4月13日    東京D )

<巨・中>今季初勝利を挙げた巨人先発のサンチェス(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人のサンチェスが7回1/3を無安打1失点の「ノーヒットワンラン」投球で今季初勝利を挙げた。2回は2四死球が絡み1点を失うも、同点の7回にはA・マルティネス、阿部、平田を3者連続三振。直後の勝ち越しへの流れをつくった。

 8回1死での降板も「チームの一員としてプレーしているので、そこ(無安打)はこだわりはなかった」。テンポのいい投球で今季両リーグ最短の2時間26分試合の勝利に貢献。来日2年目で「全て想定の範囲内なので、楽にやらせてもらっている」と昨年以上に環境に慣れたことも好投を後押しした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース