ソフトバンク オリ由伸から今季初得点!松田、バット折られながらも執念先制打

[ 2021年4月14日 19:11 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2021年4月14日    ペイペイドーム )

<ソ・オ>2回2死二塁、中前にバットを折りながら適時打を放った松田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクがオリックス先発の山本由伸から、今季初得点を挙げた。

 前回対戦の1日は2安打完封負け。手も足も出なかった山本に2回、今季初4番に起用された栗原が四球を選び出塁。デスパイネが右前打で続き、中村晃は犠打失敗の併殺となり2死二塁。ここで松田がバットを折られながらもしぶとく中前へ運ぶタイムリーで先制した。

 ソフトバンクの先発は和田。今宮ら味方の好守にも支えられ、序盤3回を無失点に抑え、まずまずの立ち上がりとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース