楽天・村林が「2番・三塁」で566日ぶりにスタメン起用 前夜は2年ぶり安打

[ 2021年4月14日 17:41 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2021年4月14日    楽天生命パーク )

楽天・村林(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天・村林一輝内野手(24)が、14日のロッテ戦(楽天生命パーク)で「2番・三塁」で今季初めて先発起用された。スタメンオーダーに名を連ねるのは19年9月26日の西武戦(楽天生命パーク)以来、566日ぶり。もともと守備には定評があったが、途中出場した13日のロッテ戦では9回に2年ぶりとなる安打を放った。連敗ストップの起爆剤になれるか注目だ。

 この日のスタメンは以下の通り。
 (遊)小深田
 (三)村 林
 (左)島 内
 (二)浅 村
 (中)辰 己
 (D)横 尾
 (一)鈴木大
 (右)小 郷
 (捕)太 田
 先発P 則本昂

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース