楽天・岸 10連勝でストップ 6回自責点1も守備乱れ好投実らず

[ 2021年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―6ロッテ ( 2021年4月13日    楽天生命 )

<楽・ロ4>2回2死から山口に同点弾を浴びた岸(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨のミスで今季初の2連敗となった。先発・岸は5回まで1失点と好投したが、1―1の6回に味方守備が乱れた。2死二塁でレアードの三ゴロを渡辺佳が捕球ミス。一、三塁となり、続く山口の初球を下妻が捕逸して勝ち越された。

 岸は6回3失点(自責1)の好投が実らず、19年9月3日のソフトバンク戦以来の黒星。自身の連勝は10で止まった。石井監督は「やってはいけないミスが続いた。どうやってやり返してくれるのかを見たい」と奮起を促した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月14日のニュース